【お金の3つの役割】歴史と本質

【お金の3つの役割】歴史と本質

 

今日はお金の話をします。

まずはその役割について。

 

 

お金の3つの役割

価値の交換、保存、計測

お金には3つの役割があります。

「価値を交換、保存、計測する」ということです。

  • 交換の手段(means of exchange)
  • 価値の貯蔵(store of value)
  • 勘定の単位(unit of account)

実はこの3つの役割が機能するのであれば、お金はお金でなくとも良いのです。

以下にお金ではないものの、実質的にお金として機能している2つのサービスを紹介します。

 

VALU

VALUは公式HPによると「だれでも、株式会社のように、あなたの価値をトレード。ビットコインを用いたマイクロトレードサービス」。

このサービスは個人の価値に焦点を絞ってVAというトレーディングカードのようなものを発行し、その価値を市場に決めさせて自分のVAを売買するというサービスです

そのVAには信用影響力評価期待値など様々な価値が包括されています。

 

Timebank

そしてTimebankはVALUに時間という資産を加えたサービスです。

個人の時間が市場で売買され、価値がつけられる

 

 

これらのサービスは一見複雑なように見えますが、実はVALUではVA、Timebankでは時間という要素が「価値の計測、交換、保存」の役割を果たしています。

 

お金の歴史

お金の始まり

お金の歴史の始まりは狩猟採集時代。

その時代の人々はそれぞれがそれぞれの地域の食べ物をとって暮らしていました。

しかしある日、山の人間がどうやら海の村では、山で採ることが出来ない食べ物があることに気がつきます。

そこで山の人間と海の人間の間に交易が始まり、物々交換が始まりました。

しかし人々は山で狩ったイノシシや、海で獲った魚などを物々交換していくうちに、その食材を運ぶことそのものがとても非効率的であることに気がつきます。

そこで人々はイノシシは貝殻10枚魚は貝殻3枚。

このように貝殻を使って価値の相対化を始めました。

これがお金の役割の1つである価値の計測であり、すべてはここからお金の歴史が始まりました

 

お金=鉱石

時代は進み、お金というものの条件に貴重なものであるということが加わりました。

お金が貴重なものではなく無尽蔵に作れるようなものであれば、いくらでも不正ができることに人々は気がついたのです。

その結果、多くの地域ではお金としてなどの貴重な鉱石が使用されるようになりました。

 

お金=コイン

人々はそれからしばらくの間、金や銀などをお金として使用していました。

しかし、金や銀はどうにも使い勝手が悪い。

重さを測るにしても大変だし、大きさは不恰好で捉えにくい。

そこで一部の人々が考えました。

金や銀を現代でいうコインのような形に統一することに決めたのです。

 

お金=紙幣

人々はコインに慣れ浸しみましたが、またしても考えつきました。

今は金や銀をコインにして使っているが、実際はこのコインを持っていることの証明書があればいいのではないか?

この発想により、現代の小切手紙幣という概念が生まれることになりました。

それからというもの人々は銀行のような場所にお金を預けておき、取引が行われる際はその場所にコインを預けている証明書を見せはじめるようになりました。

このようにしてお金というものは貝から鉱石へ鉱石からコインへコインから紙幣へと姿を変えていきました。

 

お金の転換期

そしてこの流れはつい最近まで引き継がれていきました。

近代ではゴールドと交換できるお金が兌換(だかん)紙幣として呼ばれ、金本位制(紙幣の価値をゴールドに結びつけて考えること)が採用されていました。

しかし1971年ニクソン・ショックが起こり、金とドルの兌換を停止してしまいました。

それに伴い1944年ブレトン=ウッズ体制から既に世界の基軸通貨となっていたドル基軸通貨体制(価値がゴールドに裏付けされたドルで世界のお金の価値を比較する体制)は崩壊し、変動為替相場制(各国のお金の価値が需要と供給によって決定される体制)へと移行しました。

 

そしてここで注目すべきなのは

お金にゴールドの裏付けがなくなった

ということです。

 

お金の本質

お金のバーチャル化

お金にゴールドの裏付けがなくなった

それはつまり、お金がバーチャルな世界空想の世界に突入したということです。

少しわかりにくい表現になりますが、Aさんが100万円を持っているのは、周りの人がAさんは100万円を持っていると信じているからです。

たとえばAさんが100万円でピアノを買うとします。

その時に実際に現金で100万円買う場合。

原価20円の1万円札という名の紙切れ100枚、実質的な価値はたったの2000円でどうして100万円のピアノが購入できるのか。

それは日本銀行がこの紙には1万円の価値があるよと価値を保証しているからです

つまり、1万円札というのは、1万円札という紙切れ自体に1万円の価値があるのではなく、1万円の価値があると日本銀行が保証しているので1万円の価値がある、ということです。

クレジットカードでも同様です。

クレジットカードで100万円のピアノを購入する。

なぜ買えるのか?

それはクレジットカード会社がAさんは100万円を持っているよと保証しているから

クレジットカードとはその名の通り信用のカードです
繰り返しますが、カード自体に100万円の価値はありません。
クレジットカードというのはAさんが100万円を持っているとただ単にその価値を保証をするカードなのです

 

お金は信用を数値化したもの

これまで述べてきたように、本質的にはお札にもカードにも物質的な価値はありません。

日本銀行やクレジットカード会社がその価値を保証しているだけなのです。

そして実際、そのどちらの保障された価値も実はゴールドに裏付けされているわけではない、裏付けのない価値です

しかし現代の社会ではそれがあたかも価値があるかのように捉えられています。

なぜならそれは、人々が一万円札やクレジットカードに価値があると信じているから

現代のお金とは実際にその価値が存在するのではなく、人々が信用することによってお金として機能する。

 

つまり

お金とは確かな裏付けがない信用というバーチャルなものを数値化したもの

なのです。

 

まとめ

  • お金の3つの役割は

「価値の計測、交換、保存」

 

  • お金の歴史

貝から鉱石へ、鉱石からコインへ、コインから紙幣へ、紙幣からバーチャルへ

 

  • お金の本質とは

「信用を数値化したもの」

以上!!